TOPICS

TOPTOPICS>負担のかからないカバンの持ち方

負担のかからないカバンの持ち方

毎日、何気なく持っているバッグやカバン。しかし、その持ち方にはよっては、身体に大きな負担がかかっていることをご存じですか?

カバンで生じる体の歪み

荷物の持ち方には、人それぞれに癖があります。少し重いバックやカバンは、いつも同じ持ち方になってしまうという方は多いはずです。

毎日の積み重ねが、体の歪みを大きくして、やがて腰痛や肩こりなど、様々な不調へとつながってしまいます。でも、大丈夫です。ちょっと持ち方を変えるだけで、体の負担は変わります。TH整骨整体院独自の球体理論の応用により、体に負担の少ない持ち方を調べることができます。

「だけど、反対側の手に持つのは辛い。」
そうです。それが体の癖です。毎日少しづつ体を慣らして行き、体の負担を軽減し、生じる身体の歪みを治していきましょう。
下図はバックの持ち方を図にしてみました。あなたはどの持ち方をしていますか?

ぶら下げ型
ショルダー型
クロス型
脇挟み型
肘掛け型
リュック型
ウェスト型

あなたにとって良いバックやカバンの持ち方を知りましょう。
治療の際に、あなたに最適なバック・カバンの持ち方をアドバイスします。カバンはすべて用意しておりますので、お気軽にご相談ください。尚、お身体の状態によっては、バック・カバンの持ち方のアドバイスを次回以降にさせていただく場合がございます。ご承知おきください。

TH東洋総合治療センター(JR立川駅北口 徒歩3分)

東京都立川市曙町2-9-1 菊屋ビル2F
TEL:042(526)0461

  • TOPICS
  • かばんの持ち方
©Copyright 2003-17 TH東洋総合治療センター.All rights reserved. supported by DIGITAL Lamp