TOPICS

TOPTOPICS>パソコン病

パソコン病:長時間のパソコン作業による症状

パソコンを長時間使用する方に、眼の疲れだけでなく、様々な体の痛み、疲労感、脱力感からめまい、ふらつき感など様々な症状を訴えて来院される方が近年、急激に増えています。
これらの症状はまさにパソコンが原因のパソコン病なのです。パソコン病は、原因不明で起こる痛みや症状が多く、治療方法や予防方法は一般のものとは大きく異なります。

パソコン病の主な症状

  • 頭から湯気がでそう
  • 考えがまとまらない
  • 体がふらつく
  • 立っているのがつらい
  • 典型的な片目視
  • 距離感がつかめない
  • よくつまずく
  • 腰が重い
  • みぞおちが苦しい
  • なぜかイライラする
  • 考えがまとまらない
  • 奥歯に力を入れている
  • 肩・背中がバリバリ
  • 片耳だけで聞いている(自覚なし)
  • 耳鳴りがする
  • ぼんやりしてしまう
  • 膝痛・腰痛・手足のしびれ

パソコンを頻繁に使用している方で、これらの症状に当てはまる方は、まさにパソコン病かもしれません。パソコン病は大きく分けて、呼吸不足による症状偏った眼球運動による症状に分けられます。ここでは、パソコン病のそれぞれの原因を説明します。思い当たる点がある方はぜひ、早めにご相談ください。

TH東洋総合治療センター(JR立川駅北口 徒歩3分)

東京都立川市曙町2-9-1 菊屋ビル2F
TEL:042(526)0461

©Copyright 2003-17 TH東洋総合治療センター.All rights reserved. supported by DIGITAL Lamp